降板騒動で主宰の江頭氏が経緯説明 謝罪と感謝の言葉も

ORICON NEWS / 2017年9月20日 13時38分

女優の鈴木砂羽(44)が主演・初演出を手掛け、女優の鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が降板した劇団クロックガールズの舞台『結婚の条件』を主宰した江頭美智留氏(54)が20日、マスコミ各社にFAXを送付。「このような事態のなか、幕を開けるために全力を尽くした関係者の皆様、そして劇場に足をお運び下さったお客様には心より感謝申し上げます」とし「すでにマスコミ各社へのファックスにてお伝えした通り、すべての責任が私にあることは間違いございません」とコメントした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング