「透明飲料」乱立する背景とは? 一方で“色付き飲料”へのノスタルジーも

ORICON NEWS / 2018年6月25日 6時30分

近年、コンビニなどでやたら目につく“無色透明”の清涼飲料水。着色料を使用していないので、たしかに水のようにクリアで見た目もクリーン、どぎつい色付きの飲料品よりはカロリーも少なそうだし、健康的な印象もある。だが一方では、駄菓子屋の店先や祭りで飲んだ赤・青・緑・黄など、舌に色がつくような清涼飲料水に懐かしさを感じる人も多いのではないだろうか。清涼飲料水の透明化が乱立する背景と共に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング