第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」

ORICON NEWS / 2019年1月16日 18時28分

日本文学振興会は16日、『第160回芥川龍之介賞・直木三十五賞』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞は、上田岳弘氏(39)の『ニムロッド』と町屋良平氏(36)の『1R1分34秒』の2作品に決定、直木三十五賞に真藤順丈氏(42)の『宝島』が決まった。 【写真】森見登美彦氏ら11名がノミネートされた芥川・直木賞候補者 両賞は1935(昭和10)年に制定。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング