令和初の「芥川賞」は今村夏子氏、「直木賞」は大島真寿美氏が受賞

ORICON NEWS / 2019年7月17日 18時8分

日本文学振興会は17日、令和初となる「第161回芥川龍之介賞・直木三十五賞」を発表。「芥川賞」は今村夏子氏(39)『むらさきのスカートの女』、直木賞は大島真寿美氏(56)『渦妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)魂結(たまむす)び』が受賞した。今村氏は3度目、大島氏が2度目の候補入りでの受賞となった。 【写真】今村夏子ら11名が選出、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング