入信中は「一卵性親子」と呼ばれた母…カルト2世、脱退後の“家族関係”の変化とは

ORICON NEWS / 2020年4月2日 9時30分

母親がエホバの証人に入信したため、2世として25年間教えを信じてきた、たもさん。結婚、出産を経て、一人息子が病気に。エホバの証人では禁止されている「輸血」が必要だったことをきっかけに、脱退を決意。その後、自身の体験をTwitterでエッセイ漫画として投稿すると、「私も同じなので共感します」、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング