写真

左/『スーパー桃太郎電鉄』(1992年/ハドソン) 右/『桃太郎電鉄』(1988年/ハドソン)

ゲームソフト所有本数3万本、約3000万円をゲームに捧げた芸人・フジタが、『ファミリーコンピュータ』のソフト=“ファミカセ”をさまざまな角度で切り取り、ピックアップ。第19回のテーマは、「『かね』と『ぶっけん』がすべて…ファミコン版『桃鉄』で知った人間の怖さ」。 【写真】物件を次々破壊…『桃鉄』最新作でキングボンビー“最凶形態”が明らかに ■フジタが感じるファミコン版と最新版の差とは? 11月に最新作『桃太郎電鉄~昭和平成令和も定番!』(2020年/KDE)が発売され、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング