写真

レーザー誘導爆弾運用能力を付加されたアフガニスタン空軍のA-29

アフガニスタン各地でタリバン勢力との戦いを繰り広げているアフガニスタン軍。アフガニスタン空軍は、A-29スーパーツカノ軽攻撃機で地上部隊の近接航空支援(CAS)を行なっていますが、2018年3月以来、アメリカ軍の援助のもと、レーザー誘導爆弾を使用していることも明らかになりました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング