写真

バルト海防空任務で飛行するイギリス空軍ユーロファイター・タイフーンのパイロット(Image:RAF, Crown Copyright 2020)

イギリス空軍は2020年6月2日(現地時間)、NATOのバルト3国防空任務でリトアニアに派遣されている戦闘機部隊が、バルト3国の領空に接近したロシア軍の電子偵察機に対してスクランブルし、当該機を警戒空域外に退去させたと発表しました。 バルト海はフィンランド湾を介してロシアに接しており、最奥部に大都市サンクトペテルブルクが控えるため、ロシア軍の航空機や艦船が頻繁に行き来しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング