10月21日に行われた女子駅伝の大会で、脚を負傷し、四つんばいになりながら、たすきをつないだ選手がいたことに賛否両論が出ています。SNS上では、「この選手すごい。ここまでして仲間にたすき渡す姿、諦めない気持ち」「泣ける」と称賛する声や、「早く棄権させるべきだった」「これは美談なのか」との意見も。駅伝やマラソンで活躍した宗茂さんは自身のツイッターで「選手のためのルールが必要」「駅伝は必要ですが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング