名家に婿入りも…「養子縁組」されずに財産を相続できなかった56歳男性の悲憤

オトナンサー / 2019年10月20日 9時10分

養子縁組をするのは、どのような場面でしょうか。養親と養子との間に血のつながりはなく、もともとは赤の他人です。だからこそ、養親としては自分と同じ姓を名乗らせたり、自分の子として育てたり、自分の財産を譲ったりするには養子縁組が必要ですが、縁組の有無は養子の人生を左右するので慎重に検討したいところです。ところで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング