白鵬の「張り手」バッシング ルール違反でない以上、批判はアンフェアでは?

オトナンサー / 2020年1月19日 8時10分

横綱・白鵬が、立ち合いで相手の頬をたたく「張り手」や、相手の胸や顔に肘打ちをする「かち上げ」をすることに大きな批判が出ています。いずれも相手の立ち合いの勢いを弱めて有利な体勢を組み、勝ちにつなげる作戦とみられますが、「横綱は勝てばよいというわけではない」「横綱の品格を大切にすべきだ」などと批判する声があります。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング