「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。 このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。 今回は、相手に失礼にならないメールの書き方をご紹介します。   1・相手から返信をもらいたい場合の正しい書き方 ★失礼回避策1「ご」をつける! まず「返信」を丁寧にします。「ご返信」です。次のように変わります。 お帰りになりましたら、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング