写真

コース新の「63」をたたき出した松山英樹 2年ぶりの優勝を視界にとらえた BMW選手権(2019)(2日目) 写真・Getty Images

<BMW選手権2日目◇16日◇メダイナCC(イリノイ州)◇7613ヤード・パー72>日本のエースがついにお目覚めだ。フェデックスカッププレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」の2日目、松山英樹が9バーディ・ノーボギーで回り、コースレコード新記録となる「63」をマーク。トータル12アンダー・単独首位に躍り出た。序盤からアクセル全開だった。1番で連日のバーディ発進を決めると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング