写真

「快眠博士」が睡眠について指南

“寝不足が体に悪い”とは誰もが思っているだろう。しかし、最新の研究では、単に睡眠時間の長短ではなく、起床時刻や寝るときの姿勢、寝具の使い方などが重大疾患のリスクに関係することが分かり始めている。2人の「快眠博士」が提唱する、長生きにつながる眠り方とは──。 ◆寝だめはNG。昼寝するなら「コーヒーを飲んでから」 日に日に暖かくなり春めいてきた。たまには朝寝坊を──この「春眠暁を覚えず」が重大疾患のリスクを上げるという研究結果が2月に発表された。 米コロラド大学の研究で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング