写真

ラインの1本1本が激闘の歴史を物語る

高校野球、春の選抜大会の第1回大会を制した古豪が香川の高松商業だ。監督就任6年目の長尾健司も、同校のユニフォームに憧れたひとり。だが、自身は県下の丸亀高校出身。ライバル校の視点から眺めた伝統のユニフォームと、ストッキングに描かれた“横線”は脅威だった。 「この横線は日本一の回数を示しています。私も選手もストッキングに新たな線を加えることが目標です」 選抜優勝を表わす白の2本線と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング