写真

ユニフォームには物語がある(撮影/藤岡雅樹)

100年以上に及ぶ高校野球史にあって、「伝統校」「名門校」は、校名とユニフォームのデザインがセットでファンの記憶に定着している例も多い。 だが歴史を紐解くと、そういった高校にも、意外な“以前の姿”がある。 荒木大輔(元ヤクルト)や斎藤佑樹、清宮幸太郎(共に日本ハム)を輩出した早稲田実業(東京)が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング