写真

作新学院との練習試合で力投する佐々木朗希投手(時事通信フォト)

高校生最速となる163kmをマークした岩手・大船渡高校の佐々木朗希(17)。大谷翔平(24)に次ぐ日本人2位の球速を叩き出し、「令和の怪物」と呼ばれている。 高校1年生から147kmを計測した佐々木が、全国に名を轟かせたのは、150km超を連発した昨夏の岩手大会がきっかけだった。当時、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング