写真

検査後、医師から詳しい結果説明がある(写真は佐藤医師)

病気の「検査」と言えば、すでに発症している人の病気を見つけるためのものがほとんどだった。たとえば「がん」なら、画像診断などの検査で疑わしい結果が出たら、細胞を採取して病理検査を行ない、診断を確定する。 また、これまでのがん検診は、胃や大腸など、がんの部位ごとの検査が一般的だった。だが近年は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング