写真

霊長類の研究を専門とする京大の山極総長

官僚的なイメージが伴う東大に対し、全国から“奇人”が集うユニークさで知られる京都大学。学生以上に個性的なのが教授陣だ。研究に懸ける異常な情熱は、時に世間から“非常識”と見られてしまうことも──。知れば知るほどオモロイその生態とは。 ◆日本語を忘れてしまった これまで日本のノーベル賞受賞者(自然科学系)は23人(日本出身者含む)。そのうち京都大学卒業生は7人でトップ(東京大学は5人)。教鞭を執る山中伸弥教授(神戸大卒)らを加えると京大ゆかりの受賞者は10人に上る。 東京大学を凌ぐ“受賞率”の高さは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング