写真

はじめての事件ものを作品として書いた山田詠美さん

2010年大阪西区のマンションで、3歳女児と1歳9ヶ月男児が母親に置き去りにされて死亡した。23才の母親は交際相手と遊び、再び自宅に戻ったのは約50日後だった。この誰もが衝撃を受けた「大阪二児置き去り死事件」に着想を得た作品が、山田詠美の新作『つみびと』(中央公論新書)だ。35年になろうという作家生活で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング