写真

色にも色々なサインが出ている(イラスト/ニシノアポロ)

大便は、数々の病気リスクを伝える貴重な健康のバロメーターだが、「うんち博士」の異名をとる理化学研究所イノベーション推進センターの辨野(べんの)義己研究員によれば、最も健康的な便は「薄茶色」だという。 「大便が茶色くなるのは、胆汁が混ざっているからです。胆汁は肝臓で作られる黄褐色の液体で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング