写真

国鉄再建最終答申に対し抗議声明を発表した際の松崎明・動労委員長(当時=右。時事通信フォト)

昨年、JR東日本の最大労働組合である「JR東労組」から、3万4500人の組合員が大量脱退するという事件が起こった。巨大企業の中で、いったい何が起こっているのか──。月刊誌『ZAITEN』7月号に掲載されたジャーナリスト・牧久氏の記事を抜粋して紹介する。 *** 私は4月に『暴君新左翼・松崎明に支配されたJR秘史』を上梓しました。2年前の『昭和解体国鉄分割・民営化30年目の真実』(講談社、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング