写真

新聞やテレビ、雑誌などで反社会勢力についてとりあげる場合、事実を報じるだけでなく、その勢力がいかに理不尽な存在であるのかも同時に伝える必要がある。だが、テレビのように視聴者の記憶に強く残る場面が全体の印象を決定づけやすいメディアの場合、制作者側の意図とは正反対の結果を生み出してしまうことがある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング