写真

全英を制したシンデレラガールのパットの秘密を解説(写真/Getty Images)

全英女子オープンで日本人として42年ぶりにメジャーを制した渋野日向子(20)。勝負所で長いパットを次々決め、最終日の最終18番では7メートルの下りスライスを強気のパットで沈めて優勝を決めた。 パットが得意なように思えるが、実は昨年まではパットが大の苦手だった。主戦場のステップアップツアーでもパーオンホールの平均パット数はベスト10に入るのがやっとだった。しかし今年はLPGAツアーで平均パット数1.7660の堂々3位。一時はトップに立ったこともあった。苦手を克服できたのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング