写真

試合中に体重が7キロ減ったことのある大野均・元日本代表(右端。2015年イングランド大会より)(時事通信フォト)

明治32(1899)年にラグビーが伝来してから120年、悲願であった自国開催のワールドカップに臨むラグビーの日本代表チーム。楕円球を愛する者が敬意をこめて“ジャパン”と呼ぶチームの礎を築いたのは、先人たちの「魂」だった。 ラグビー日本代表が初めて海を渡ったのは昭和5(1930)年のカナダ遠征だった。大成功を収めたこの遠征以降、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング