写真

新法務大臣の任命の様子をテレビで見守るソウル市民(AFP=時事)

次から次へと疑惑が持ち上がることを揶揄して「タマネギ男」と呼ばれた人物が、韓国の新法務大臣に任命された。韓国世論の半数以上が反対の声をあげる中、なぜ、文在寅大統領は渦中の人物を抜擢したのか。ソウル在住のジャーナリスト、藤原修平氏が分析する。 *** 9月9日、韓国の法務部長官(法務大臣)に文在寅大統領の側近として知られる曹国(チョ・グク)氏が選ばれた。次々と疑惑が浮上する渦中の人を、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング