写真

5年ぶりのリーグ優勝を決め胴上げされる原辰徳監督(写真:時事通信フォト)

9月21日、巨人がDeNAを3対2で破り、5年ぶり37回目のセ・リーグ優勝を果たした。今年、覇権を握った大きな要因は若手の成長にあるだろう。昨年オフに大型補強をしたものの、前オリックスの中島宏之は不振で2軍暮らしが続き、前マリナーズの岩隈久志は1軍での登板なし(記録は9月21日現在。以下同)。マギーの代わりに獲得した新外国人のビヤヌエバも1軍に定着できず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング