写真

2001年にオープンした青森駅前の再開発ビル「アウガ」

人口減少や少子高齢化に悩む地方自治体が、徒歩で移動できる都市の中心部に住宅や商業施設、行政機関などを集積させようという「コンパクトシティ」構造。国も支援に乗り出して注目されてきたが、どうも成功事例が見当たらない。神戸国際大学経済学部教授の中村智彦氏が、早くからコンパクトシティを目指しながらも頓挫した「青森市」の現状をレポートする。 *** 一世を風靡した「コンパクトシティ」構想だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング