写真

トヨタ自動車の新型「カローラ」(時事通信フォト)

マイカーを持ちたいという日本の庶民の夢をかなえるクルマとして1966年に生まれたトヨタ自動車の大衆車「カローラ」。その12代目となるモデルが9月に発表された。ボディはセダンおよびツーリングと称するステーションワゴンだが、この新型カローラは、日本のユーザー向けに作られた“最後のカローラ”になるかもしれない──と指摘するのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング