写真

「とよしま内視鏡クリニック」での、大腸がんの内視鏡鎮静下検査の様子

世界有数の長寿国といわれる日本だが、乳がんや大腸がんなどは、欧米諸国では死亡率が下がっている一方、日本では上昇。現在、先進国でがん患者が増加しているのは日本だけだといわれている。もちろん、長生きするほどがん罹患率が上昇することも大きな要因ではあるが、医療関係者の間で問題視されているのが日本人の「検診率の低さ」だ。がん検診を受ける人が少ないがゆえに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング