写真

ひげそり、歯みがきでも気付ける

「触診」とは医師が患者の体に触れることで異変を探り出す診察だが、患者自身が自分の肌の感覚の異変から重大疾患に気付けることもある。秋津医院院長で内科医の秋津壽男医師が注意を促すのは「顔面」の感覚の異常だ。 「脳神経に腫瘍ができると、まず顔の皮膚感覚に異常が生じます。顔を触った際に他人の顔に触れたような気がする場合、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング