写真

出火原因は電気系統のトラブルとみられる(EPA=時事)

沖縄の首里城火災により、多くの歴史的建造物や文化財が失われた。歴史作家の島崎晋氏が、首里城など琉球時代からの遺跡群が「沖縄の心」を象徴する理由について解説する。 *** 「うちなんちゅう(沖縄の人)が泣いている」──那覇市の消防局に、首里城正殿付近で煙が出ていると119番通報があったのは10月31日の午前2時40分頃のことだった。 懸命の消火活動にもかかわらず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング