写真

文政権下で反日は加速(EPA=時事)

「天皇は戦争犯罪の主犯の息子ではないか」──。今年2月に米メディアで報じられた韓国国会議長・文喜相(ムンヒサン)氏の発言は、多くの日本人の怒りを招いた。その後、文議長は「お詫びの気持ち」を表明したものの、発言の撤回はしなかった。 そうしたなか、11月4日に東京で開かれたG20国会議長会議の直前、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング