写真

溝口敦氏(左)と鈴木智彦氏

老いも若きも年金に対する不安を抱えるなか、そういった心配とはある意味、完全に無縁なのがヤクザだ。年金も保険も入れるはずのないヤクザは、どうやって老後、生きていくのか?共著『教養としてのヤクザ』(小学館新書)が話題を呼ぶ溝口敦氏と鈴木智彦氏の2人が語り合った。 溝口:組長の周りで執事のような役割をする高齢ヤクザもいます。四代目山口組組長・竹中正久の弟、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング