写真

結愛ちゃんの母が獄中告白(共同通信社)

事件が日本中から注目されることになったのは、わずか5才の少女、船戸結愛(ゆあ)ちゃんが虐待死したという衝撃とともに少女が両親に宛てた「反省文」が遺されたからだろう。 《もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりかもっともっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるしてゆるしてくださいおねがいしますもうおなじことはしませんゆるして(略)これまでどんだけあほみたいにあそんだかあそぶってあほみたいだからやめるのでもうぜったいぜったいやらないからねわかったねぜったいのぜったいおやくそく(略)あしたのあさはきょうみたいにやるんじゃなくてパパとママにみせるってきもちでやるぞえいえいお… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング