写真

結愛ちゃんの母・優里被告が獄中告白(共同通信社)

◆彼の考えが自分の体の中に入ってくる 2度目の一時保護解除の後、結愛ちゃんは定期的に医療機関を受診することになった。だが、ここも最後の砦とはならなかった。 「病院も最初は、話を聞いてくれたので楽でした。安心感がありました。(母子でお絵描きや粘土工作などをする)アートセラピーがあって、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング