写真

飲み続けたことで…

血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多くなりすぎてしまう高脂血症(脂質異常症)は、放置していると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす。 治療にはLDLコレステロールを下げる薬が用いられることが多く、厚労省が所管するPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に服用後の死亡例が報告された高脂血症治療薬は、肝臓・小腸でコレステロールが生成されるのを防ぐ作用を持つものが多い。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング