写真

芸術作品は非日常的な空間で真面目に鑑賞するもの、という考え方もあるが、もっと普段の生活と地続きであってもよいだろう。人々が日常的に利用する場所である鉄道と、ふだんとは違う時間を感じさせるアートを同時に楽しめるイベントや場所の提供が目立っている現状について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング