写真

様々な規模の病院で勤務経験のある眼科医平松類医師

病院で受診する際、患者の行動によって診断結果に影響が出る場合がある。『知ってはいけない医者の正体』(SB新書)の著者で、全国の様々な規模の病院で勤務経験のある眼科医・平松類氏はこう言う。 「例えば総合病院の内科を受診している患者さんが、せっかく病院にきたのだからと『目の調子も悪いんです』と“症状”を訴えたとします。このケースでは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング