写真

文字盤を前に目の動きで意思疎通を図る

「24時間365日営業」を掲げる日本最大の医療法人・徳洲会を一代で築き上げ、政財界にも広くその人脈を築いた医学界の革命児・徳田虎雄氏(81)。難病で全身の自由を失ってなお、「目の動き」だけで部下に指示を飛ばし続けたこの人物は、病院経営を退いた今でも、院内では“神”に近い存在となっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング