写真

医師の技量が問われる(写真/AFLO)

医療機器は日進月歩で進化するが、最新鋭の検査にも落とし穴がある。日本人男性の罹患数第1位である胃がん。最近は「胃部X線検査」ではなく、より精度が高い内視鏡検査(胃カメラ)を選択する患者が増えている。 「それでも一定程度の見落としは防げません」と指摘するのは、医療経済ジャーナリストの室井一辰氏。 「日本消化器がん検診学会が2015年に発表した研究では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング