写真

「マラソングランドチャンピオンシップ」で、ナイキの厚底シューズを履いて力走する中村匠吾(右)ら(共同通信社)

東京五輪開幕まで半年を切るタイミングで突如、浮上したナイキの“厚底”シューズ、『ヴェイパーフライ』シリーズの規制問題。新記録連発でマラソン界を席巻してきた“魔法の靴”が禁止となれば、影響は甚大である。 もちろん、売上高約4兆円を誇るナイキにとっても大問題のはずだ。 「特殊素材を使って“厚底でも軽量”を実現し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング