写真

カンテレが制作、異色作として注目の『10の秘密』(公式HPより)

今、放送されている連続ドラマを制作しているのは在京キー局だけではない。大阪に本社を置く準キー局もオリジナリティあふれる作品で存在感を出している。その代表が、カンテレと読売テレビだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、準キー局のこの2局が独自路線を貫く背景について解説する。 *** 今冬のドラマは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング