写真

病院閉鎖が現実的に(時事通信フォト)

世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス。これまで医療従事者や職員に陽性患者が出て外来を閉鎖したり、陽性患者の通院によって院内感染が広がり、医療現場がパンクするケースが報じられてきた。 医療機関が閉鎖されることにより懸念されるのが、患者が薬を飲み続けられるかどうかだ。糖尿病と心臓病の専門医である銀座泰江内科クリニック院長の泰江慎太郎医師が指摘する。 「ほとんどの通院患者は次回の受診までの薬しか処方されていません。そこで突然休診になったら、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング