写真

明治大学理工学部教授の波戸岡景太氏

【著者に訊け】波戸岡景太氏/『映画ノベライゼーションの世界スクリーンから小説へ』/小鳥遊書房/2000円+税 明治大学理工学部総合文化教室のHPに、『映画ノベライゼーションの世界』の著者・波戸岡景太氏(43)は、〈私はふだん、アメリカの新しい小説や映画を研究しながら、理工学部の英語教育を担当しています〉〈一方で、研究者としての私は、言葉やイメージを人に届けることの難しさをテーマにしています〉と率直な紹介文を寄せる気鋭の学者だ。 前作『映画原作派のためのアダプテーション入門』が〈小説の映画化〉を巡る違和感の解体書だとすれば、本書はその応用編。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング