写真

日本ではおなじみの接種痕

60代以上のシニアが新型コロナで重症化する例が相次いでいる。3月29日に死去した志村けんさん(享年70)に続き、日ハム、楽天などで監督を務めた野球解説者・梨田昌孝氏(66)も新型コロナによる重度の肺炎で入院した。 国内の死亡者は57人(4月1日時点、以下同)だが、そのうち実に56人が60代以上となっている。なぜ60代オーバーばかりが重症化するのか。感染症が専門の山野美容芸術短大客員教授・中原英臣氏がいう。 「重症化に至るメカニズムは未解明だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング