写真

血圧の数値の上昇・下降の意味は

血圧は上(収縮期)が140mmHg以上、下(拡張期)が90mmHg以上だと「高血圧」と診断される。だが、基準値内であっても、毎年「じわじわ上昇」しているようなら要注意だ。ナビタスクリニック理事長の久住英二医師がこう話す。 「血圧が上がるメカニズムは複数あります。たとえば、50歳を過ぎると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング