写真

様々な混乱が予想される

新型コロナウイルスの感染者が日々増加するなか、“医療崩壊”の危険性が指摘されている。そうなると、ベッドや人工呼吸器の不足などで、「後回しにされる患者」が出てくるのだ。執刀日が決まっていた手術が延期される事態が各地で起こっている。 真っ先に延期される手術として挙げられるのが、「直ちに命に別状はない」ということで「ヘルニア」「脊柱管狭窄症」など整形外科部門の手術だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング