写真

OGが「黎明期」と「現在地」を語る(写真/共同通信社)

TBSはかつて「民放の雄」と呼ばれ、日テレやフジにくらべて報道重視だった。その影響で、1960年代から多くの女子アナを採用していた。その中でも、1964年に入社した宇野淑子さんは、民放キー局で初めて定年まで勤め上げた女子アナとして知られる。宇野さんが女子アナの立場の変化を振り返る。 *** 私が就職した1960年代には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング