写真

遠のく民営化(時事通信フォト)

政府の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」は、予算総額が100兆円を超える大規模なものとなった。 主なものは事業継続のための給付金で、商工中金(商工組合中央金庫)も中小企業を対象にしたコロナ特別貸付を開始した。 商工中金は、経済環境の大きな変化や大規模災害の際に中小企業へ貸付を行なうなどの「危機対応業務」を任務の1つとする“半官半民”の金融機関だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング